自宅でできるダイエット(食事)

糖分調節痩身術

糖分がなぜダイエットの天敵と呼ばれているのかについてはご存知でしょうか?これは、糖分が炭水化物としていち早く吸収されることにより、血中にふくまれる糖分濃度を上げることで、体内に「脂肪」として極めて取り込まれやすいことにあります。
しかしながら糖分の主流である「ブドウ糖」は、実は脳が活動するうえでのエネルギー源として重要な役割を果たしています。
それに加えて脳は求めている糖分を摂取することで満足感を体にあたえることから、幸福感を感じることにつながり、結果として過剰摂取の原因ともなりうるのです。
必要な量についてはクリニックでご説明していますので是非ご来院ください。

炭水化物調整ダイエット

炭水化物の制限としてやり玉に挙げられるのが「ごはん」や「パン」や「麺類」などの主食です。
ほかにもジャガイモなども炭水化物を主成分とする食べ物ですね。
多くはこういった食事そのものの量を適正なものにすることで、結果的に余剰エネルギーの発生を抑え、肥満の防止につなげていくのです。
また、余分なエネルギーの代表格としてあげられるのが「脂質」です。
糖質と並んで肥満の原因として、食事療法を行う場合には調整が必要とされる成分です。
糖質が炭水化物として吸収されるのに対し、脂質はそのまま脂肪分として皮下脂肪などとして蓄えられていきます。

食事をとる時間

よく朝食をとらない人についてクリニックで伺います。
こういった食事のサイクルにも肥満の原因はあります。
むかしから言われていることに、「食べてすぐに寝ると牛になる」という言葉がありますが、具体的に申し上げますと朝方や昼間にとった食事はそのままその日のエネルギーとして消費されますが、夜にとる食事、特に寝る直前に取る食事はそのまま体に蓄えられてしまいます。
つまりは肥満の原因として成立してしまうのです。
特に夜22時以降に摂る食事はホルモンバランスの影響で非常に脂質として吸収されやすくなってしまうので、可能な限り朝・昼はバランスよく、夜は軽めの食事を心がけましょう。